AtCoder Regular Contest 140 参加記

2022/5/15に開催されたAtCoder Regular Contest 140に参加しました。

atcoder.jp

昨日のABCで、再度の水パフォに届かずの負けをくらって迎えた今回のARC。とりあえず、A、Bは300点、400点という配点だそうなので、この2問を仕留める事ができるといいなーという気持ちで臨むことにしました。

今回の結果

でで、今回の結果は、やっとのことで1完を確保できたというところです。。

ARC140結果
ARC140結果

パフォーマンスは緑の中ぐらいというところで、今回も負けという事になりました。

振り返り

A問題だけで、ほとんどの時間を使ってしまいました。。

ARC140提出結果
ARC140提出結果

A問題

A - Right String

最初の内は問題の意味があまり理解できておらずでした。

とりあえずf(S)の値の最大はN。これをより小さくするには、SをあるNの約数の長さで等分割して、すべての分割した文字列が同じ値にできれば、その約数がf(S)の値になるので、これを求めればよい、ということを理解するまでに40分以上かかりました。

ただ、これで解方の糸口は見つかったというところ。

ただ、なぜか文字の置き換えの計算が合わないらしく、何回かそれっぽい実装を提出したもののWAを連続で喰らってしまう。。うーむ、比較の方法が根本的に違うのだろうか。

大分あきらめかけたころに、等分割した文字列を同じ値にそろえるには、各桁に存在する文字のうち一番多い文字に合わせるのが一番ベストだとやっと気づく。これでダメなら仕方なしという感じで実装を進めて提出したところ、やっとACが取れましたとさ。

91分56秒の5ペナで1完。とりあえず、0完爆死を避けることが出来たので、まあヨシとしましょう。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/arc140/submissions/31726323

B問題

B - Shorten ARC

見た目、結構複雑そうなこの問題。

あまり時間がないので、考察も雑になりがち。とりあえず文字列をStringBuilderに突っ込んで置き、奇数回目の処理では、"AARCC"という並びを見つけることを優先し、存在する場合"ARC"に置き換え、ない場合は"ARC"を探して、あれば置換するという風な処理を書いてみました。

が、サンプルは通るものの、提出したらTLEだらけ。。改善方法も思いつかずで、時間切れ終了となりましたとさ。

C問題

C - ABS Permutation (LIS ver.)

問題すら見れておりません。

D問題

D - One to One

問題すら見れておりません。

E問題

E - Not Equal Rectangle

問題すら見れておりません。

F問題

F - ABS Permutation (Count ver.)

問題すら見れておりません。

これまでの実績

今週の土日は連敗。。停滞モードが続きます。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

とりあえず、今回のARCは0完が回避できただけでも良かったなという回でした。

ARCはアルゴリズムを暗記するというよりは、考察がメインというところなので、解法が降ってこないとどうしようもないという感じ。

しかし、経験を積むことである程度地力は付くかと思いますので、いままで通りボチボチ取り組んでいこうかというところです。

ということで、また次回も頑張ります。

パナソニックグループプログラミングコンテスト2022(AtCoder Beginner Contest 251)参加記

2022/5/14に開催された、パナソニックグループプログラミングコンテスト2022(AtCoder Beginner Contest 251)に参加しました。

atcoder.jp

今回のABCも水パフォが目標。前回ABCでは、緑パフォまでしか出せなかったのでリベンジなるかというところです。

今回の結果

で、、今回はなんとD問題が解けずで3完終了という結果になりました。。

ABC251結果
ABC251結果

肝心のパフォーマンスは、一応緑中盤ぐらい。なんとかレートは微減ですみました。

振り返り

D問題で方針を大きく間違えてしまいました。

ABC251提出結果
ABC251提出結果

A問題

A - Six Characters

とりあえず、Sを6回繰り返した文字列から、先頭6文字を出せばOKという感じで実装。

問題なくACを取ることができました。

1分53秒という普通のタイムで1完。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc251/submissions/31656380

B問題

B - At Most 3 (Judge ver.)

所謂、N^{3}が間に合いそうな制約ということで、全探索を行う。

こちらも、特に問題なくACを取ることができました。

9分21秒で2完。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc251/submissions/31663060

C問題

C - Poem Online Judge

S_iが既出かどうかを管理するSetオブジェクトを用意し、あとはオリジナルの中から最高得点のモノの出現位置を覚えておけばよい。

こちらも特に問題なくACを取ることができました。

15分12秒で3完。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc251/submissions/31666674

D問題

D - At Most 3 (Contestant ver.)

ここで、大きく方針を見誤りました。

とりあえず、Wまでの数字をすべて作れるように、桁の範囲ごとに分割すればよいかという考えは出たのですが、初手から2進数で考えてしまったため、無駄に苦労してしまうことになりました。

具体的には、最大値の100万を2進数で表すと、11110100001001000000となり、右から1-7桁目と中盤の8-14桁目、残りの桁で考えて3分割して、それらをすべて列挙してみると、全体で315種類。300以下の制約に合わなくなってしまいました。。

とりあえず、少し間引きした結果でいったん提出したものの、結果はあえなくWA。。

この後もいろいろ悩んだものの、解決策が浮かばすで、とりあえずこの問題は撤退です。。

E問題

E - Tahakashi and Animals

一応、D問題より解かれているようなので残り30分弱の時間でチャレンジしてみる。

が、、良い解法が全く思いつかず。とりあえず、現在使おうとしている操作のコストが、その前後の操作のコストの和より大きい場合、前後の操作を行ったものとして計算するという解法を実装してみるも答えが合わず。

あとは問題を考察しているだけで時間終了となりましたとさ。

F問題

F - Two Spanning Trees

問題すら見れておりません。

G問題

G - Intersection of Polygons

問題すら見れておりません。

H問題

Ex - Fill Triangle

問題すら見れておりません。

これまでの実績

なかなか上抜けできない、もどかしいチャートとなりました。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

今回のD問題は、初手で2進数と考えたのが悪手でしたが、それを10進数で考えることに切り替えられなかったのが悔やまれるところです。

が、過ぎたことをあれこれ考えてもどうしようもありません。とりあえず日曜のARCを頑張ることとしましょう。

ということで、また次回も頑張ります。

AtCoder Beginner Contest 250 参加記

2022/5/8に開催されたAtCoder Beginner Contest 250に参加しました。

atcoder.jp

先週はABCの開催がなかったので、2週間ぶりのRatedコンテスト参加。

ゴールデンウイーク中は、過去問の見直しなども結構こなしており、練習は積み重ねたつもりなので、その成果を出すべく水パフォ目標で臨むこととしました。

今回の結果

終わってみれば、4完終了。目標達成は微妙なところとなりました。。。

ABC250結果
ABC250結果

結局、パフォーマンスはわずかに水色に届かずというところ。一応レートは上がったので、その点はヨシとしましょう。

振り返り

E問題を解き切ることが出来ませんでした。

ABC250提出結果
ABC250提出結果

A問題

A - Adjacent Squares

A問題にしては少しややこしそう見た目という印象。

上手いやり方があるかと考えましたが、すぐには思いつかず。とりあえず愚直にマス(R, C)から上下左右を見たときに、盤面の範囲外にならない場合のみ答えにプラス1する実装としました。

途中、実装をバグらせてしまい、タイムロスをしましたがなんとかAC。

8分10秒で1完。少し時間が掛かりすぎです。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc250/submissions/31518723

B問題

B - Enlarged Checker Board

これもだいぶ面倒な問題かという印象。

マス目(i,j)を見たときに、iAjBで割れば、現在のマス目に対応するタイル(a, b)が分かる。

あとは、abの偶奇で場合分けし、黒か白かを判断すればよい。

ということで、上記の要領で実装して、ACを取る事が出来ました。

16分5秒で2完。まだ、時間が掛かりすぎているという状況です。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc250/submissions/31523141

C問題

C - Adjacent Swaps

一瞬、x_iが右端だったら、先頭の数字と入れ替えるのかと誤読しそうになったが、なんとか踏みとどまった。。

なんかこの手の問題はどこかでやったことがあるかもという既視感を覚えたが、解法はすんなりと出来上がりました。

索引を指定して、何の値が入っているかを管理する配列と、値を指定して、何番目に入っているかを管理する配列をそれぞれ用意し、あとはクエリを順番に処理してにシミュレーションをしていけばよい。

あとは実装と提出を行い問題なくACが取れました。

30分5秒で3完。前回ABCではC問題を落としましたが、今回はすんなり通せたので多少安心しました。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc250/submissions/31528912

D問題

D - 250-like Number

一読して、制約よりp \lt q \lt 10^{6}になることが明らかなので、あとはその範囲で素数を全部探索すれば良いかという印象。

ということで、まず p \lt 10^{6}となる素数全てについて、ぞれぞれに対応するqが何個あるかを数え上げていく方法を取る。

pに対応するqが取りうる範囲は、p \lt q 且つ q^{3} \le \lfloor \frac{N}{p} \rfloorとなるので、あとはその範囲で素数表を素数の数を数え上げをしていけばよい。

当初、素数表をどの範囲まで作れば良いかが不明で、とりあえず最大値をローカルで試したところ、80万ぐらいまで作っとけばいける模様。TLEしないか少し心配でしたが、提出してみたら無事ACが取れましたとさ。

55分16秒で4完。個人的にな印象では、5完目いけるかどうかは微妙な情勢です。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc250/submissions/31536381

E問題

E - Prefix Equality

途中まで考察したものの、実装が間に合わず。

dp \lbrack i \rbrack \lbrack 2 \rbrack := Aの先頭i個目までの集合が、Bの先頭dp\lbrack i \rbrack  \lbrack 0 \rbrack個目からdp\lbrack i \rbrack  \lbrack 1 \rbrack個目までの集合と同一。(存在しない場合は、-1)

上記の配列を構成する処理を行い、それぞれのクエリにO(1)で答えればいけるという感じだったが、実装がややこしくなってしまい、結果まともに動かすことすらできずに時間切れとなりましたとさ。。

F問題

F - One Fourth

問題すら見れておりません。

G問題

G - Stonks

問題すら見れておりません。

Ex問題

Ex - Trespassing Takahashi

問題すら見れておりません。

これまでの実績

一応、直近のHighest付近に迫ることが出来ました。次回はこれを更新したいところ。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

今回のE問題は解けずで残念でしたが、それ以前の問題も実装に手こずったりでタイムロスをしてしまったところもあり、反省点が多い回でした。

もう少し、早解きができれば、後の問題に費やせる時間もできてくるというところですので、今後は簡単そうな問題も早く解けるように心がけながら精進を続けていきたいと思います。

ということで、また次回も頑張ります。

AtCoder Grand Contest 057 参加記

2022/5/7に開催されたAtCoder Grand Contest 057に参加しました。

atcoder.jp

まだまだ緑コーダーの立場なので、ここ最近のAGCは基本的にスルーしていたのですが、今回は練習がてら参加することにしました。とりあえず、目標は1完というところです。

今回の結果

で、、、今回はギリギリの滑り込みで1完を達成することができましたー。

AGC057結果
AGC057結果

UnRatedなので、パフォは出ませんでしたが、近辺のレートをみると水色ぐらいは出ていた模様。とにかく、1完できたことが嬉しいです。

振り返り

3時間丸々使ってA問題と格闘していました。

AGC057提出結果
AGC057提出結果

A問題

A - Antichain of Integer Strings

一見して、なかなか手強そうな問題という印象だが、とりあえず考察してみる。

で、まず思いついた所として、「良い集合」に含まれる数字は、連続した範囲の整数の数となり、最小値がrの桁数のマイナス1になりそう。何故なら、rの桁数マイナス2の任意の数字より、それを含む桁数マイナス1の数字の方が明らかに多いから。

上記から、lrの桁数が同じの場合、答えはl以上r以下の全ての整数の数が答えとなる。

あとは、rの桁数マイナス1の数字で「良い集合」に含まれる数字を数え上げることを考える。

ちなみにrの桁数マイナス1の数字を数え上げるのは、rの先頭が1の場合のみを考えれば良い。あとはどの辺が集合の最小値になるかを考えるが、ここがうまく思いつかない。

とりあえず、あれこれ試行錯誤してると、サンプルが通るそれっぽい実装ができたので出してみたが、なんとサンプルしか通らず。。

その後もあれこれ弄っていくうちに、ゆうにコンテスト開始から2時間以上経過。0完終了が現実味を帯びてきた。。

とりあえず、コンテスト終了10分前ぐらいに投げてみた実装がWAを喰らい、ほとんど諦め掛けていた時に、やっと正解っぽいアイデアが降って来た。

集合の最小値として適切なのは、(r \div 10) + 1lのうちMaxをとれば良かったのだ。

ということで、残り3分を切ったあたりでなんとか提出。なんとかギリギリでACが取れましたとさ。

177分25秒2ペナで1完。最後まで諦めなくてよかったです。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/agc057/submissions/31497239

B問題

B - 2A + x

一応、問題をチラ見しましたが何も思いつかずです。

C問題

C - Increment or Xor

問題すら見ておりません。

D問題

D - Sum Avoidance

問題すら見ておりません。

E問題

E - RowCol/ColRow Sort

問題すら見ておりません。

F問題

F - Reflection

問題すら見ておりません。

これまでの実績

前述のとおり、UnRatedなのでレート変化はありません。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

今回久々のAGC参加でした。0完終了も覚悟してましたが、なんとか1完取れたのは、成長の証かもしれません。レートとしては何も変わらずですが、良い経験になったと思います。

次回のAGCまでには、なんとか水色になってRated参加したいところ。次はいつ開催か不明ですが、目標を達成できるように精進を積み重ねていきたいと思います。

ということで、また次回も頑張ります。

AtCoder Regular Contest 139 参加記

2022/4/24に開催されたAtCoder Regular Contest 139に参加しました。

atcoder.jp

土曜のABCでは、いろいろやらかしてしまい2完爆死という結果でした。

今回は少しでも昨日の負けを取り戻せるようにという気持ちで臨むこととしました。

今回の結果

で、今回はなんとか1完を確保したという結果となりましたとさ。

ARC139結果
ARC139結果

しかしながら、今回はB問題がやたらと難しかったのか、1完でも水パフォが出てくれて、昨日の負けを少し取り戻すことが出来ました。

振り返り

Bは途中であきらめてしまいました。

ARC139提出結果
ARC139提出結果

A問題

A - Trailing Zeros

とりあえず、整数を2進表記したときの末尾の0の個数が重要になるので、シフト演算処理で考えれば単純化できるかという印象でした。

とりあえず、サンプル4の入力について、ノートに愚直に計算結果を書いていった結果、見えてきた解法は以下の通り。

  • 初期値 A_1を、 1 T_1ビット分左シフトした値とする。

  • T_{i+1} = T_iの場合、A_iT_iビット分右シフトし、2を足した後、T_iビット分左シフトした値をA_{i+1}とする。

  • T_{i+1} \lt T_iの場合、A_i1T_iビット分左シフトした値を足した値をA_{i+1}とする。

  • T_{i+1} \gt T_iの場合、A_iT_iビット分右シフトし、シフト後の値の末尾が0の場合1を、末尾が1の場合2を足す。その後、T_iビット分左シフトした値をA_{i+1}とする。

とりあえず、この実装でなんとかサンプルが通せたので、提出してみたらACが取れましたとさ。

25分5秒で1完。とりあえず0完は免れたので、まあヨシとします。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/arc139/submissions/31238366

B問題

B - Make N

なんかちょっと複雑な問題だなーという印象でしたが、順位表を確認してみるとこれが全然解かれていない。

こりゃ見た目以上に難易度が高そうな問題ということで、考察する意欲もだいぶ落ちてしまいた。。

一応、時間はあったので考えては見たものの、まともな解法は思いつかずのまま。順位表を繰り返し更新しては、順位が落ちてないことを確認する作業を繰り返し、時間切れを迎える事となりましたとさ。

C問題

C - One Three Nine

ワンチャンあるかと、チラ見するものの、結局何もわからず。

D問題

D - Priority Queue 2

問題すら見れておりません。

E問題

E - Wazir

問題すら見れておりません。

F問題

F - Many Xor Optimization Problems

問題すら見れておりません。

これまでの実績

今回爆死したら3桁落ちというところでしたが、なんとか踏みとどまる事が出来たというところです。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

今回は1完でも想定外のパフォが出てくれたので、多少お得な回だったかもしれません。

今週は、ABC、AHC、ARCと立て続けにコンテストに参加しましたが、来週は連休且つコンテストも無しということで、じっくりと精進に臨む時間がとれそうです。また連休明けのコンテストで良い結果が出るように準備したいと思います。

ということで、また次回も頑張ります。

ALGO ARTIS プログラミングコンテスト2022 (AtCoder Heuristic Contest 010) 参加記

2022/4/24に開催されたALGO ARTIS プログラミングコンテスト2022 (AtCoder Heuristic Contest 010)に参加しました。

atcoder.jp

ヒューリスティック系のコンテストは、AHC008以来で2ヶ月ぶりの参加となります。AHCは、そんなに頻繁に開催されるわけでもないということで、機会があれば積極的に参加してみようという感じでやってます。

あとは、ヒューリスティックのレーティングも全然下の方なので、正の得点が取れる提出が出来たら上がるんじゃね?という甘い考えもありますがね。

今回の結果

で、今回の結果ですが、無事に正の得点を取ることに成功しましたとさ。

AHC010結果
AHC010結果

今回はなんと水色パフォーマンスまで出すことが出来、レートの方も大幅に上昇させることに成功しました。

振り返り

特に上手い解法など思いつかずでしたので、とりあえずそれっぽいプログラムを書いて出しただけとなります。

AHC010提出結果
AHC010提出結果

A問題

A - Loop Lines

とりあえず問題文を一読し、小一時間ほど検討してみましたが、方針らしきものは全く浮かばす。とりあえず今回は正の点数をとることを優先して、まずは出せるものを作り上げていくことにしました。

まずは、入出力部分を作成し、そのあと問題文中にある疑似コードを参考に環状線の長さを求めるコードを作成。それを元に評価関数を作成しました。

あとは、グリッドの内部をランダムに選択し回転させた後、評価関数にかけるのですが、その際、評価関数内で環状線の切れ目になったマスを優先的に回転させることで多少効率が良くなるかという考えで実装を進めました。

で、とりあえず評価関数の実施回数を100回程度にしたプログラムを作成し、それっぽい出力が出てきたので一応提出。8000点少々という点数ですが、なんとか正の点数を取るという目標は達成しました。

あとは、評価関数の実施回数を増やしてみたり、ある程度ランダムにマスを選んで回転させることでスコアが改善しないかと色々調整した後2回目の提出を行い、スコアが多少は改善。

ただ、上位陣の点数を見てると、本当に桁外れの結果が出ており、全く歯が立ちません(笑)。

どうすれば、こんな点数が出るんだろうという考えに浸りながら、これ以上自分の提出をいじくる気力も沸かずで、終了の時間を迎えましたとさ。

最終提出コード

https://atcoder.jp/contests/ahc010/submissions/31232040

これまでの実績

元が灰色だっただけに、そこそこの内容でもレートは大幅に上昇しました。やはりレートが上がるのは気持ちが良いものです。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

今回は、あまり大した実装はできていないかと思っていましたが、パフォーマンスは水色というところで望外な結果が出たというところです。

最近は、アルゴリズム系コンテストの精進を優先的に進めているので、ヒューリスティック系コンテストの対策は全然できていない状態ですが、AHCは参加することだけでも勉強にはなりますので、次回以降も参加していこうと思います。

ということで、また次回も頑張ります。

モノグサプログラミングコンテスト2022(AtCoder Beginner Contest 249)参加記

2022/4/23に開催された、モノグサプログラミングコンテスト2022(AtCoder Beginner Contest 249)に参加しました。

atcoder.jp

今週は土曜にABC、日曜にARCがあるので、なんとかここいらで大きくパフォーマンスを上げて行きたいところ。まず、今回のABCコンテストでは水パフォを目指して頑張ることとしました。

今回の結果

しかしながら、、、なんと、、、今回は2完で爆死してしまいました。。。

ABC249結果
ABC249結果

パフォーマンスは茶色の真ん中らへんという、だいぶ久々にみる結果。

今回は大きな下げを喰らいましたが、レートは4桁維持できてるだけマシかな。。

振り返り

C、D問題でバグらせてしまい、ACを取り切ることができませんでした。

ABC249提出結果
ABC249提出結果

A問題

A - Jogging

一見して、だいぶややこしそうな問題。とにかく上手い解法が思いつかない。。

しかし、まずはACを取らないと始まらない。ということで、X秒まで1秒毎に愚直にシミュレーションする方法でなんとか間に合わせる方針とする。

作り上げてみると、なんか、かえってややこしいロジックになったが、とりあえず完成に漕ぎ着けてACを取ることができましたとさ。

7分9秒という、なんとも出遅れ気味のタイムで1完。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc249/submissions/31176452

B問題

B - Perfect String

これはA問題より簡単。こっちをA問題にすればいいのに。。

ぱっと思いついた解法としては、文字列Sの中に、大文字、小文字がそれぞれ存在したかを保持しておくboolean変数を用意し、あとは文字の重複があるかをSetで管理すれば良い。

ということで、あとは実装をして提出。こちらも問題なくACが取れました。

11分33秒で2完。

提出コード

https://atcoder.jp/contests/abc248/submissions/31007400

C問題

C - Just K

これは、制約が小さいことから、bit全探索でやる問題かと。

ということで、文字列を選ぶパターンをbit全探索で実装し、あとは選んだ文字列中に丁度K 回出現する文字種をカウントすればOK。

の、、はずが、何故かWAが取れない。。。。

何度見返しても、バグの原因がわからず、時間だけが過ぎていく状況に。とりあえず、一旦C問題を捨ててD問題にチャレンジすることとしました。

で、コンテスト終了後になり、冷静になって調べ返してみると、結局bit全探索部分のところで根本的な不具合があることに気づいてしまいました。

bitの立っている場所を判断する処理で、bit列を文字列で扱うことにしたので、順番が逆になったところが不具合の原因になっている模様。。

うーむ。。。普段はあまり実装機会がないので、コンテスト本番で変な実装方法を採用したのがアダになったようです。。

D問題

D - Index Trio

ちょっと難し目な見た目のD問題。でもこれを解けばなんとか緑パフォは行けそうなので、爆死を免れるためには解くしかない。

で、とりあえず考えてみると、A_iの最大値が高々 2 \times 10^{5}ということなので、各数値毎に出現した回数をカウントしておき、あとは各数値ごとに約数列挙を行えばなんとかなるかと。

ということで、実装をしてみましたが、なんとサンプル3が全く通らず。。

どこがおかしいのか、怪しいところを片っ端から見直してみるも、結局ダメ!

結局、サンプルを通すことすらできずで、時間オーバーとなりましたとさ。。

でで、こいつもあとで時間を掛けて復習したのですが、どうしても通らずということで、解説を見たところ、なんと問題文を誤読していたことが発覚!!

題意としては、i,j,kについて同じ数字を2回使っても良いらしく、こちらは、同じ数字を2回以上使わないようにロジックを組んでいたので、どうしてもサンプルより答えが足りなくなってしまっていたというオチでしたとさ。。

なんか釈然としない結果となりましたが、これもまあ仕方ないと割り切るしかないですなー。

E問題

E - RLE

一応問題に目を通したものの、まともな考察すら出来ず。

F問題

F - Ignore Operations

問題すら見れておりません。

G問題

G - Xor Cards

問題すら見れておりません。

H問題

Ex - Dye Color

問題すら見れておりません。

これまでの実績

ここにきて、再度停滞ムードが漂ってきました。水色への道は遠い。

コンテスト実績
コンテスト実績

総括

今回のC、D問題は解法そのものは思いつけるものの、結局実装力が足らずでバグらせてしまうという残念な結果となりました。特にD問題は、問題文の誤読が酷かったなー。

最近は、コンテスト時間中に解けなかった問題を重点的に復習しているのですが、そもそも茶、緑Diff程度の問題を解き切るのにもまだまだ不安が残る実力のようです。

これまで一度解いた問題を再度解き直すなどの対策も必要かというところですね。再度、同じようなミスを繰り返さないように精進を続けていきます。

ということで、また次回も頑張ります。